パーキングエリア

耳寄りパーキングエリア情報決定版

高速道路料金は安くなるの?

ETCカードを使う事で、高速道路の料金所で一旦停止しなくていいというのもメリットですが、他にもメリットがあります。

ETCカードを使ってETCレーンを通過するだけでいいのは、無線通信で情報をやり取りしているからです。

料金所で現金を用意する事もなく、車も止めずに少しスピードを落としてゲートを通過するだけなので、料金所での煩わしさがありません。

ETCカードを使うメリットは、ETC割引があるところです。

高速道路を管理する会社による違いもありますが、ETC割引には深夜割引や休日割引があります。

指定された時間に高速道路を利用すると、高速道路の通行料金が割引になるというサービスです。
割引詳細:車種区分|料金・ETC・割引情報|首都高ドライバーズサイト

割引が適用になる時間内に料金所を通過する事が条件なので、1分でも過ぎた場合は無効となってしまいます。

深夜割引が対象になるのは、深夜0時から4時までとなり、30%割引になります。

これ以外の時間に高速道路を利用する場合は通常料金となります。

休日割引は軽自動車と普通自動車のみ、土日、祝日は終日30%割引となります。

ただし深夜割引と休日割引は併用できませんので、どちらか一つの割引のみ使用できます。

平日は夜間割引を利用して、土日祝日のみ休日割引を使えば、賢く利用できますね。

料金所を通過する時間によったり、ETCゲートを使わず一般的レーンを使用したりした場合は、ETC割引は無効となりますので注意してください。

区間により条件も変わりますので、パンフレットなどで適用条件も確認しましょう。


ETC専用カード 

ETCカードは原則として、高速道路の通行料金の支払いだけに使用できます。

クレジットカード会社によっては、クレジットカードとETCカードを1枚のカードにまとめた一体型カードもありますが、大抵はクレジットカードとは別に、ETC専用カードを発行してもらいます。

クレジットカードの機能も兼ね備えている一体型カードなら、1枚のカードでショッピングもできますし、高速道路を使う時はETCカードとして使う事もできます。

何枚もカードを持ちたくない人には一体型カードもおすすめです。

ETC専用カードの場合は、ショッピングなどはできませんので、高速道路の通行料金の支払い専用に使います。

ETC専用カードには割引サービスもあります。

現金やクレジットカード決済で高速道路の通行料金を支払う場合、割引はありません。

しかし指定された時間帯に、ETCカードを利用すれば高速道路の通行料金が割引になるのです。

そもそもETCというシステムが導入されたのは、高速道路の渋滞を緩和させるためです。

ETCカードを使いETCレーンを通過すれば、無線通信で情報のやり取りができるので、その場で現金払いをしなくても、後から請求が来て支払えばいいので、料金所での一旦停止という煩わしさがありません。

ETCカードを利用する人は、渋滞緩和に貢献している事になるため、割引サービスが受けられるのです。

あまり高速道路は使わないという人も、混雑時にはスムーズに料金所を通過できますし、割引にもなるので導入を検討してみましょう。