パーキングエリア

耳寄りパーキングエリア情報決定版

ETC利用のトラブル、どっちが悪い?

ETCカードシステムを利用する際に、ETCカードを挿入していなかったために起こるトラブルのほか、通信システムがうまくいかず開閉バーが車にぶつかるなどのトラブルが起こることもありますし、ETCレーン走行時の規則を守らなかったために起こるトラブルもあります。

トラブルによって車が傷ついたとき、責任がどちらにあるのか?と気になります。

修理が必要になった時、自分で修理費用を出すのか、それとも有料道路側が修理費用を出すのか、その時の状況によって違いがあります。

ETCカードを挿入していないことに気が付かず料金所のETCレーンに入り、開閉バーが開かずぶつかってしまったというときには、ETCカードを挿入していなかった車の持ち主に責任がありますので、車の修理費はもちろん自分で出す必要があります。

料金所のETCレーンには時速20キロ以下で入ることが規則となっていますので、それ以上の速度でレーン内に入った場合も、車に傷がついた場合、自分で修理費用を出すことになります。

料金所のアンテナなどの不具合によって、開閉バーが開かず、その時ETCレーンに入るときの速度が規則通り時速20キロ以下という場合には、有料道路側に責任がありますので、車の修理費用は有料道路事業者が支払うことになります。

こうしたトラブル時の対応に関しては、ETCシステム利用規約をよく読むとわかります。

利用前にETCシステム利用規定をよく確認し、正しく利用すること、またトラブルが起こった場合の対応方法もしっかり確認しておきましょう。


ETCのレーンに入るとき

ETCカードをしっかり正しく挿入したら、高速道路など有料道路でETCを利用できますが、走行から料金所のレーンに入るときにも注意手眼があります。

料金所には、ETC専用のレーンと、ETC、一般のレーンがあります。

ETCカードが挿入され正しく作動している車は、ETC専用、ETC、一般両方のレーンが利用できますが、一般の車、ETCカードが挿入されていない車はETC専用レーンの利用できません。

最近の車載器はETCカードが挿入されていないと、料金所前で注意を促してくれるものが多くなっていますし、有料道路の料金所、レーンの前にはETC専用と一般が利用できるレーンの案内板が設置されています。

レーンに入るときには、20km/h以下と定めらえています。

20km以下の速度の利用は、もしもアンテナと車載器に通信エラーがあった場合、開閉バーが開かなくなったとき、安全に停止できる速度です。

バーが開かないこともあるともしもの場合を予測し、必ず20km以下でもすぐに停止できるような体制でレーン内に入りましょう。

この際、気を付けてほしいのが車間距離です。

20km以下の速度でレーン内に入ったとしても、前の車との距離が保たれていないと、前の車が通信エラーだった場合、衝突する危険性もあります。

車間距離を十分取り、前の車が通信エラーとなった場合でも、しっかり停車できるように心がけておくことが必要です。

ETCはとても便利なシステムですが、正しく利用しないと事故につながる可能性があります。

もしもの時を考えて利用することを忘れないようにしましょう。