お友達と一緒に2台で旅行に行くとき、またご家族で2台の車で旅行や里帰りに行くなどの際、事故や故障で1台が動かなくな..." /> ETCと牽引 | 耳寄りパーキングエリア情報決定版

パーキングエリア

耳寄りパーキングエリア情報決定版

ETCと牽引

"p>お友達と一緒に2台で旅行に行くとき、またご家族で2台の車で旅行や里帰りに行くなどの際、事故や故障で1台が動かなくなる、というときもあります。

牽引装置が付いていない車でも、故障や修理ができるところまでロープやワイヤーロープなどを利用して牽引移動を行うこともありますが、この場合、ETCカードシステムを利用することができるのでしょうか。

ETCカードシステムを利用する際には、車載器のセットアップが必要となります。

この際、セットアップ時の申込書にけん引装置の有無、という欄があります。

申し込み時に、けん引装置の有無にチェックを入れてあれば、ETCの登録に牽引車として登録されますので、牽引を行う場合でも、ETCを利用することができます。

申し込みを行っていない場合は、牽引車としての登録がない状態です。

ロープなどを利用して故障車を修理できる施設などに運ぶため牽引することができますが、牽引車としての登録がないため、ETCレーンを利用することはできません。

こういう時はETC・一般のレーンを利用し、そこで一旦停止し、料金所係員を呼び出してETCカードを係員にわたして、手続きを行ってください。

牽引車として登録してあれば、通常通り、料金所で無線通行が可能なので、ETCを利用できます。

知らずにそのままETC専用レーンに入ってしまい、開閉バーが開かないと開閉バーにぶつかる危険もあり、また牽引している車が追突する危険性もあるので、牽引利用についての知識を持っておくことも重要です。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed