パーキングエリア

耳寄りパーキングエリア情報決定版

ETCのレーンに入るとき

ETCカードをしっかり正しく挿入したら、高速道路など有料道路でETCを利用できますが、走行から料金所のレーンに入るときにも注意手眼があります。

料金所には、ETC専用のレーンと、ETC、一般のレーンがあります。

ETCカードが挿入され正しく作動している車は、ETC専用、ETC、一般両方のレーンが利用できますが、一般の車、ETCカードが挿入されていない車はETC専用レーンの利用できません。

最近の車載器はETCカードが挿入されていないと、料金所前で注意を促してくれるものが多くなっていますし、有料道路の料金所、レーンの前にはETC専用と一般が利用できるレーンの案内板が設置されています。

レーンに入るときには、20km/h以下と定めらえています。

20km以下の速度の利用は、もしもアンテナと車載器に通信エラーがあった場合、開閉バーが開かなくなったとき、安全に停止できる速度です。

バーが開かないこともあるともしもの場合を予測し、必ず20km以下でもすぐに停止できるような体制でレーン内に入りましょう。

この際、気を付けてほしいのが車間距離です。

20km以下の速度でレーン内に入ったとしても、前の車との距離が保たれていないと、前の車が通信エラーだった場合、衝突する危険性もあります。

車間距離を十分取り、前の車が通信エラーとなった場合でも、しっかり停車できるように心がけておくことが必要です。

ETCはとても便利なシステムですが、正しく利用しないと事故につながる可能性があります。

もしもの時を考えて利用することを忘れないようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed