パーキングエリア

耳寄りパーキングエリア情報決定版

ETC利用時のトラブル対応

ETCカードシステムを利用する際、例えば開閉バーが開かずぶつかってしまったり、開閉バーが開いたのに降りてきて車にぶつかったなどのトラブルが起こることもあります。

また、開閉バーが開かない、ぶつかったけれどそのまま走行してしまったなど、泊まろうと思ったけど後続車があり止まれずそのまま走行してしまったということもあるでしょう。

こうしたトラブルの際、どのような対応をすればいいのか、把握しておきましょう。

開閉バーにぶつかって停止した場合、まずは後続車に危険を知らせる必要があるので、ハザードランプを点灯して後続車に合図を送ります。

車をバックさせる、車外に出るのは危険なのでそのまま料金所の係員が来るのを待ちます。

係員は後続車が侵入しないようにレーン入口の閉鎖を行ってからETCの対応を行うので、係員の指示に従いそのまま待っていましょう。

開閉バーを通り過ぎる時にぶつかったという場合には、目的地に到着してから利用している高速道路等のお客様対応のセンターがあるのでそこに連絡します。

二輪車の場合、開閉バーがぶつかって転倒することも考えられます。

その場合、料金所近くの車が走行しない場所に避難し、料金所係員の指示に従い対応を待ってください。

こうしたトラブルが起こった際には、停止、走行、二輪車などによって対応が違いますので、どうすればいいかを覚えておき、しかるべき対応をとりましょう。

安全にETCカードシステムを利用するための知っておくべき知識となります。